東・中欧旅行 #20 (アテネ~キエフ) ギリシャには再び来るだろう。キエフではまたもや餃子の仲間を。

  • 投稿日:
  • by

東・中欧の旅、18日目のアテネ~キエフ。

ひきつづき体調は万全じゃないが、薬(むかしアメリカで買ったタイレノール)でかなりよくなった。

ギリシャには再び来るので、軽く回っただけにした。

キエフにはおそらく再訪はないと思うのだが、雨のせいであまりまわれず、ロシア料理に舌鼓を打って終わった。

9 時過ぎ起床。ひきつづき体調は万全じゃないが、薬のおかげでかなりよくなった。ただ、のどがまだ痛む。

起きがけに仕事メールを少々。

エーゲ海を見にトラムで出かける。昨夜思いついたのである。

シンタグマ広場近くのカフェで簡単な朝食。

シンタグマ広場。良い天気だ。

トラムで片道30分の旅。

海岸最寄りの駅に到着。

今回の旅の最南端かもしれない。

ブイかと思っていたら、泳いでる人たちがいるではないか! なんだこれは!!

ここにはもう少し暖かい時に来ようと思う。

トラムに乗って宿に戻り、荷物をまとめて、空港に向かった。

ここからは徐々に日本に戻るという感じがする。

アテネ国際空港からウクライナ国際航空に乗る。

ヘルシンキに戻る便でいちばん安かったからこれにした。途中でキエフのトランジットというのにも惹かれたのもあるが。

機内誌に高梨沙羅さんが載っていた。ソチオリンピックで注目する選手の一人ということである。

機内食。ポークハムと野菜のサンドイッチ。

ジュースとお茶を基本的には両方とももらえるのがありがたい。

キエフ国際空港に着陸。

着陸時にまたもや拍手が起きた。ロシア系の人達にとって着陸は一大事なのだということがわかった。

気温はたしか3℃。アテネと比べて寒い。それもかなり。

この空港、みためはキレイだけれど、オペレーションがいまひとつ。荷物が出てくるのに1時間近くかかった。

この日の宿は空港近くのホテル。

Ligena Hotel
http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g2364564-d2437471-Reviews-Ligena_Hotel-Boryspil_Kiev_Oblast.html

一泊 530.00 フリヴニャ(約 6,700 円)。これでも安い方。

チェックインしてすぐにでかけたので、部屋の中の写真を撮ってない。

タクシーでキエフ市内へ。宿からは 30 分ほど。

あいにく雨が強くなり、ほとんどまともに見て回れなかった。

黄金の門。

キエフの街並み。

夕食には旧ソビエト時代を懐古するようなレストランというこちらへ。

Spotykach
http://www.2k.ua/en/restaurants/catalog/spotykach/
http://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g294474-d1440877-Reviews-Spotykach-Kiev.html

せっかくなのでロシア料理を選んで注文した。

オリビエサラダ。

ジャガイモ、ニンジン、チキン、ピクルス、グリンピースを具材で、青ネギをトッピング。これはいちど作ってみよう。

ボルシチ、とても旨い。学生時代に一度神戸で食べたような気がするが、味の記憶が無い。

肉の旨味とビーツの軽い酸味。なによりもにんにくがかなり効いてる。

いいぞこれ。クセになりそう。

肉入りの dumpling を。

クリームソースにポルチーニ茸が入っている。フォーク&ナイフでいただく。たいへん美味。

最後に軽く紅茶をいただいた。

旧ソビエト時代を懐古するというのは今ひとつわからなかった。ただ、トイレ周りのインテリアに米ソの 50 - 60 年代のものがつかわれていて、あのころはアメリカもソ連もあまり変わりがなかったのだなと感じさせられた。

帰りも行きと同様にタクシーで 30 分かけてホテルに戻った。

-->