東・中欧旅行 #7 (ビリニュス~ミンスク) ミンスク行きは乗客5名だけのフライト。

  • 投稿日:
  • by

ブログを書く時間がとれないので、変則的だがまずは6日目の夜から7日目のミンスク空港到着まで。

ビリニュスでの夕食は、ガイドブックで目をつけていたチリ・カイマスという店。手軽にリトアニア料理が食べられるとのこと。

Čili Kaimas (リトアニア語なので、読みたければ Google 翻訳を利用して)
http://www.cili.lt/restoranai/kaimas

tripadvisor のレビュー(上が実際行った店、下は口コミが多い店)
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g274951-d4436247-Reviews-Cili_Kaimas-Vilnius_Vilnius_County.html
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g274951-d941871-Reviews-Cili_Kaimas-Vilnius_Vilnius_County.html

店の外は一見すると敷居が高そうである。だが、店内は少々趣のあるファミレスのようなもの。


店の入り口にウサギがいる。食べるためではないと思う。

注文したビールをいただきながら、メニューを吟味する。

結果注文したのは ポットにはいった dumpling。

一口サイズの dumpling にチーズ、キノコ、セロリ、にんじんが乗っていて、これをポットのふたを閉めてオーブンで火を通した、といった感じの料理。いつもどおり、ディルのみじん切りがトッピングされている。

熱々をいただきながら、冷たいビールを飲むと、やはり良くあう。

餃子との違いは、具材に野菜が少ないところかと。こういうチーズをこってり組み合わるには野菜が少ない方がよいような気がする。

部屋に戻って、すぐ出発できるように準備を済ませて、早めに就寝。翌朝はとても早いのである。

7日目の朝。午前5時半起床で、出かける準備を。

今回泊まったホステルは、Fabrika Hostel & Gallery 。6 人部屋の 2 泊で 73 リタス(3000 円少々)。IKEA 製とおぼしきベッドがきしむことをのぞけば、ロケーションも良いし、部屋もキレイなので満足。

Fabrika Hostel & Gallery
http://www.fabrikahostel.com/
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g274951-d4115732-Reviews-Fabrika_Hostel_Gallery-Vilnius_Vilnius_County.html

6時半にタクシーに向かえに来てもらってビリニュス空港へ。市内からは 10 分少々。

チェックイン、出国手続きを終わっても、多少時間に余裕がある。レストラン(売店?)で買ったコーヒーを飲みながらブログを書く。

あっという間にチェックインの時間。ゲートに行くと、ワタクシを含めて、5人しか待っていない。

もしやと思うが、搭乗してみるとやはり乗客は5名。CRJ-100/200 という 50 名ほど乗れる機体に、キャビンアテンダントが3名、操縦室にはおそらく2名なので、全員で10名のフライトである。

ベラヴィア航空の機内誌を読んでたら、12/19 からビリニュス~ミンスク間のフライトが就航したとあった。まだ 10 日ほどしか経っていない航路である。バスで移動しても4,5時間で移動できる距離なので、飛行機を選ぶ人たちが少ないのだろう。マイノリティ万歳である。

兎にも角にも 30 分弱のフライトなので、乗客が 5 名だからと特に広々と使うわけでもない。外の景色に目を奪われているうちに、ミンスク第2空港に着陸。天候は曇り(霧)、気温0℃。

そして到着してからが一仕事であった。

-->