東・中欧旅行 #10 (ワルシャワ) トランジットで 17 時間ほどの滞在。ピエロギはおいしい。

  • 投稿日:
  • by

8~9日目のワルシャワ。

ブダペスト移動でのトランジット。午後2時過ぎ到着、翌朝7時の出発なので、あまり時間がない。旧市街がきれいだったのでもう一度来てもよいかと思う。

ミンスクを午後 3 時前に出発したポーランド航空のエンブラエル 175 がワルシャワ空港に着陸したとき、機内では大きな拍手がわき起こった。

何故この拍手が起きたのかがわからない。

個人的な経験として、大きな拍手が起きたことは過去に 2 度ある。1 度目は 9.11 の時。事件後、運航再開当日にアトランタからサンノゼに戻ったときのことである。このときは飛行機に乗る恐怖がおそらく乗客全員最大だっただろう、事前と大きな拍手がわき上がっていた。

2 度目は 2004 年頃。これも米国でのこと。東海岸にハリケーンが近づいている中、ボストン~フィラデルフィア便に乗ったところ、まずワシントン DC に 行き先変更して着陸。1 時間ほど待った後出発し、上空で 1 時間半ほどかなり揺れながら旋回して、所定の時間から 6 時間遅れでフィラデルフィアに着陸したときのこと。待たされたのと、着陸時にかなり揺れたので一部の客が拍手し始めたら、機内に広がったというものである。

しかし、今回のフライトは特段変わったところのない、普通のフライトである。このあたりでは飛行機の着陸はそんなに一大事なのだろうか。

ワルシャワ空港での SIM 調達。

【SIMフリースマホと26日間欧州ぐるぐる旅2】ポーランドは爆速LTE天国だった!!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/178/178569/

ここに出ている Plus の SIM を入手。5 ズロチ(約 170 円)。売店で 1GB なら 15 ズロチだよ、と言われたが、一晩だけだけなら 1GB もいらないと思い却下。

パッケージに 200MB うんぬんとあるのが、初期費用で含まれている通信料と勘違いしたのもあるのだが、ホテルに着いた頃に SMS が来て使えなくなってしまった。まだ 10MB ほどしか使ってない。

ホテルのフロントに訳してもらったら、アカウントに残金がない、というメッセージとのこと。一晩だけの滞在なので、top-up 作業で時間を使うより、とあきらめた。

プリペイド SIM は、空港で買うほうが、街のショップで買うよりも時間が節約できるのだが、手続きが甘くなるのがいけない。

予約していた空港近くのホテルにチェックイン。

Hampton by Hilton Warsaw Airport
http://hamptoninn3.hilton.com/en/hotels/poland/hampton-by-hilton-warsaw-airport-WAWAPHX/index.html
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g274856-d4419876-Reviews-Hampton_by_Hilton_Warsaw_Airport-Warsaw_Mazovia_Province_Central_Poland.html

Hampton というと Holiday Inn ぐらいの感じだが、出来たばかりで新しくてきれいなホテルだった。

ワルシャワ旧市街はとてもきれいな所だった。

旧市街広場。第二次大戦で破壊されたものを完全復旧したらしい。すごい。

広場の半分はスケートリンクに。整備後、多くの人が滑ってた。

ここでもホットワインをソーセージと一緒にいただいた。

このあたりもおそらくすべて復旧もの。すごいとしかいいようがない。

広場にいた中世コスプレイヤー。日本の刀と西洋の剣との製造、利用方法の違いについて教えてくれた。チップねだられたけれど。

途中でビールをのみつつ、夕食はポーランド風餃子であるピエロギをいただいた。

ピエロギは具材がいろいろ入っていて(ポーク、チキン、マッシュルーム、ガーリック、ほか)、ナイフ&フォークで食べたのだけれど、違和感なく食べられた。これもうまい!

サラダはトマト、キャベツ、レタス、キュウリをマヨネーズと塩こしょうで和えた普通な感じなのだえれど、素朴でおいしい。濃いめの味が続いていたので、心和むものがあった。

いただいたのはこちら。

Pierogarnia na Bednarskiej
http://www.pierogarnianabednarskiej.pl/
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g274856-d2109477-Reviews-Pierogarnia_na_Bednarskiej-Warsaw_Mazovia_Province_Central_Poland.html

ビールがないのが大変残念だが、良いお味でした。ランチにくるとちょうどいいかもしれない。

翌朝は午前4時半起床。ネット見ながらうだうだしてたら寝るのが午前1時近かったので、実質4時間弱の睡眠。

なんとか起きて、準備して、空港に行く。寝る前は身体がちょっとだるかったのだが、シャワーを浴びたら生き返った。

さて、次はハンガリー、ブダペストだ。温泉が待ってるぞ。

-->