ビエンチャンに 76 万人も住んでいるようには思えなかった。

  • 投稿日:
  • by

もうすこしラオスのことを。

ルアンパバーンはひなびた東南アジアの田舎町であったが、ビエンチャンはさっぱりとした東南アジアの小都市だった。一国の首都なのだけれど、バンコクやハノイのような喧噪が渦巻く空気はない。そもそも人の数があまり多くないのである。

人口はどんなものなのだろうと、他の都市との比較を含めて調べてみた。Demographia World Urban Areas という調査によると、ビエンチャンの人口は 2010 年で 76 万人。リストの前後にある主な街としては、新潟市(80万人)、ベトナム・ダナン(80万人)、イスラエル・エルサレム(78万人)、大津市(77.5万人)、米国・バーミンガム(75.6万人)、米国・アルバカーキ(75.3万人)、スイス・チューリヒ(74.4万人)など。書き出してみたものの、新潟と大津の間といわれてもいまひとつピンとこない。

◆ ◆ ◆

さて、ビエンチャンの光景を少し紹介しよう。

IMG_3538

IMG_3537

ビエンチャンのワットタイ国際空港。写っているのは国際線ターミナルなので、結構きれいで広い。

IMG_3536

しかし、国内線はかぞえるほどの便数しか飛んでない。

IMG_3534

タート・ルアンという黄金の仏塔。

IMG_3533

タート・ルアン前にある兵士像。この日は35℃近くあってとても暑かった。

IMG_3511

アヌサーワリー・パトゥーサイ。いわゆる「凱旋門」である。

Wikipedia によると、内戦の終結とパテート・ラーオの勝利を記念して建造が開始されたが、資金難により工事が貫徹されぬまま終わり、現在でも未完成のままであるとのこと。見た感じでどこが未完成かはよくわからないのだが。

IMG_3519

パトゥーサイの内部は9階建てになっているが、そのほとんどはおみやげ屋である。「凱旋門」というより「おみやげ屋デパート」といった方がふさわしいのかもしれない。

IMG_3520

IMG_3521

IMG_3522

IMG_3523

パトゥーサイ最上部からみたビエンチャンの光景。

どちらをみても高い建物がほとんど見当たらないのがよくわかると思う。そしてこの街の感じで 76 万人だとすると、密度が高くなくてのんびりした雰囲気になるのが少しわかった。

IMG_3525

パトゥーサイ上部の窓。いい風が抜けていた。

IMG_3491

ホーパケオ。博物館なのだそうだ。

IMG_3493

IMG_3495

IMG_3499

IMG_3500

いずれもホーパケオにある仏像。人々に触られたところが輝いているというのがいい。

◆ ◆ ◆

ビエンチャン市内から3、40分のところにタイ=ラオス友好橋というのがあるので渡りにいった。

IMG_3440

IMG_3442

ラオス側から渡るときには 11,000 Kip の費用がかかるので、チケットを買って(上)、ゲートを通ることになる(下)。

IMG_3443

橋を渡る費用に加えてバス代として 4,000 Kip が必要。友好橋は徒歩で渡ることが禁じられている。

IMG_3444

わらわらとバスに乗って、

IMG_3445

がたごとと揺られて10分ほどでタイ側に到着。

IMG_3448

入国審査のポイントもあっさりした感じ。

IMG_3450

タイなのでセブンイレブンはあるし(ラオスにはコンビニなんてない)、

IMG_3451

ビールも SIngha Beer である。冷たくておいしい。

あと、この店のコップには見かける限りすべてにかわいいバタフライエンジェルの絵がついていたのだけれどなんだこれは?

◆ ◆ ◆

IMG_3480

ビエンチャンに戻って、晩飯を食べた後にメコン川沿いまできてみた。

鴨川ほどではないが、カップルが適度な間隔で並んで座っている。まあ、カップルじゃなくても座っているのだけれど。

IMG_3484

メコン川沿いのバー "Bor Pen Nyang" からの光景。いい風が吹いていて、のんびりビールが飲めるきもちいいところだった。

よくかんがえれば、ビエンチャンにいたのは平日で、昼間から観光地をうろうろしているのは観光客(=外国人)ばかりである。76 万人を有していても、昼間は仕事もあるし、外に出たら暑いし、人の往来がすくなく見えるのはあたりまえなのかもしれない。

◆ ◆ ◆

ラオスの食べ物関係は、また今度。

-->